中古車の車検の有無を確認する

車検期間が残っている場合

中古車を購入しようと考えている場合、車の状態だけを見て決断してしまう人が多いです。もちろん傷があるのか、きちんとエンジンは始動するのか、水没車ではないのかといったことを確認するのは重要です。ただそれ以外にも、車検の有無をしっかりと見ておきましょう。基本的には、中古車販売店に並んでいる車のフロントガラスを見ると、いろんな情報を書いた紙が貼られています。その中に車検の有無が記載されているので見ておくと良いです。例えば「半年」や「一年」と書いているのなら、それは次の車検までの期間を指しているのです。一見するとお得のように感じるかもしれませんが、実は車検の残り日数分を販売価格に反映させているのが一般的なので注意が必要です。

車検がない中古車について

初めて中古車を買う人が気をつけなければいけないのが、車検がない場合です。「車検なし」と記載されているのなら良いです。ところが中古車販売店の中には、「車検二年付き」と書き、その横に販売価格が載っている場合があるのです。これはまるまる二年間の車検があるといったことではありません。車検代や整備費を含めた値段です、という意味です。もしも安く車検を受けるため、自分で整備をしたいなら、その旨を中古車販売店に伝えましょう。車検代や整備費にかかる費用分を、販売価格から差し引いてくれるかもしれません。ただし自分で整備するのなら、購入後に不具合があったとしてもクレームは入れられないです。そこで購入前に試乗したりエンジンを見たりして、しっかりと確認した上で購入すると良いです。