中古車の走行距離を確認する

見落としがちな走行距離…

中古車を購入する際に確認しておくべきポイントはいくつもありますが、その中でも多くの人が見落としがちなのが「走行距離」です。当然ですが、走行距離は外から車を眺めているだけではわかりません。外見にダメージが見当たらず状態が良く見えても、実際は走行距離が10万キロメートルに近いというケースも多く見かけます。走っている距離数が多いと内部のパーツの消耗が激しいので、故障の原因にもなりかねません。故障や思わぬ事故を防ぐためにも、中古車を購入する場合には走行距離もしっかりと確認するようにしましょう。一般的には走行距離が多い中古車ほど販売価格が下がるので、外見の割りに安い中古車があった場合は走行距離に注意が必要です。

走行距離が多い中古車を購入する際の注意点

車の好みや予算の関係で、どうしても走行距離数の多い中古車を購入する場合もあるのではないでしょうか。そんな時は購入する前に、走行距離数が多い車にはどのようなデメリットがあるのかをチェックしておきましょう。よく言われていることですが、走行距離数が多い車は内部のパーツが傷んでいることが多いので、購入後にパーツの交換や修理にお金がかかることがあります。特に、車検時には高額な費用が発生しがちです。せっかく走行距離数の多い車を安く購入したのに、メンテナンスや車検で高い費用がかかってしまっては本末転倒ですよね。走行距離数が多い中古車を購入する場合には、このような費用のことも頭に入れておくと後々の後悔が少ないかもしれません。