中古車のギアの切替時の動きに違和感がないか確認する

ギアの不調の主な原因

自分でギアをチェンジするマニュアル車の場合、ギアの感覚はとても大切になります。それはギアチェンジの際に違和感を感じるようなことがあれば、何かの故障や不調が原因の可能性があり注意が必要だからです。またギアの違和感の原因は様々ですが、わかりやすく主なものを少しあげると、クラッチやトランスミッションという部分の問題があります。クラッチが原因の場合、クラッチ板の減りや破損が理由としてあげられますが、その症状としてはスムーズにギアの切り替えができなかったり、ギアを切ることができなかったりします。トランスミッションが原因の場合、一部の特定のギアで入りにくさを感じたり、普通に走行することが難しかったりするので急いで対応をしなければなりません。

中古車の試乗でわかるギアの調子

中古車の試乗でギアに違和感を感じる際、原因が元持ち主の癖という場合があります。元持ち主の癖というのは、マニュアル車のギアチェンジの際の特徴で、運転技術によってその差が出ます。前の持ち主があまり運転技術の高くない人だと、ギアチェンジをしようとした際に違和感を感じることがあるのです。その場合、車の内部の一部に大きな負荷をかけて走行していた可能性があり、後のトラブルの原因となります。多少のものであれば問題が無いこともあり、また少し乗っていれば慣れてしまうので気にしない人も多くいます。その点に関しては意見が割れる所ではありますが、不安があればできるだけ癖の無い車を選ぶと、心配が少なく乗りやすいはずです。