自分が運転しやすい視野の中古車か確認する

高さをチェックしましょう

中古車を購入するときに試乗する人は多いですが、何も考えず車を走らせるだけでは意味がありません。では何を確認するべきかというと、きちんと視野が確保できているのかどうかを見ましょう。人によって座高や姿勢、他にもシートの位置によって変わるため、必ず運転席に座ってチェックするようにしたいです。もしも初心者であれば、車高が高い車種を選んでみるというのも良い方法です。理由は運転席が高い位置にあると、低い車種より遠くを見渡すことができるからです。渋滞していたり、もうすぐ信号が赤に変わったりするタイミングがわかるため、急ブレーキを踏まなくて良い場合が多くなります。仮に車高が低い車でも、最近ではシートを上げられる車種もあるため、店員さんに許可を取ってから試してみると良いでしょう。

ピラーの位置が大切です

ピラーとは窓柱のことで、特に左右に曲がる際には必ずといって良いほど視界に入ります。しかも最近の車は、衝突された際に運転席や助手席の人を守るため、太いピラーを採用している車種が増えています。ところがこの太いピラーは、視界を妨げてしまうことがあるのです。そのため運転しやすい位置にシートを動かした際に、どうしてもピラーが邪魔に感じるなら、他の車にした方が無難です。ただ意外とシートの背もたれを変えるだけで、ピラーが視界に入らなくなることがあるため、試して見る価値はあります。また視界を確保するならスポーツカーよりも、ワンボックスタイプの車を選ぶと良いでしょう。ワンボックスタイプのピラーは垂直に近い状態になっているので、傾斜があるスポーツカーに比べて視界が広くなっているからです。